仕事の収入に対する賠償

交通事故で後遺症が残った場合というのは仕事にも多大な影響をあたえると思います。

中には日常生活にも影響を及ぼすような後遺症もありますから、少なからず後遺症は仕事に影響を及ぼすことでしょう。

そういった仕事での収入の損失を賠償するのが逸失利益ですが、逸失利益 計算は基本的に現在の収入を基本にして算出すます。

ただし、いろいろな条件で返金賃金を基礎にして算出する場合もありますので、どの方法が良いのかなど弁護士の方に依頼することも必要になってきます。

他にも将来の収入アップも考慮に入れて主張するなども考えなければなりませんね。

 

金曜日, 7月 25th, 2014 交通事故 コメントは受け付けていません。

トラブル回避

交通事故のトラブルは金銭的なトラブルに発展することが多いと思います。

例えば車などの損害が発生したとして、相手の保険会社は時価で評価するために修理代にも及ばない金額しか支払う意思がなかったりもします。

なかには時価を超えても支払うよう保険会社との契約に特約をつけている方もいますが、それは加害者側の契約の問題なので被害者には関係ないことですよね。

他には後遺症が残った場合の慰謝料の金額の違いなどがあります。

その場合、法律事務所などに相談することが大事になってきます。

探す場合弁護士事務所のホームページなどで、交通事故 相互リンクをされているところから信用できそうな近くの弁護士事務所を探してみるのも良いかもしれません。

 

木曜日, 6月 26th, 2014 交通事故 コメントは受け付けていません。

賠償を多く貰うために

交通事故で怖いのは怪我をすることですが、完治する怪我であればまだいいのですが、中には後遺症として残ってしまうことがあります。
交通事故の場合には後遺症は後遺障害等級に認定されることで、損害賠償なども変わってきますが、後遺症が残るということはそのぶん賠償も多く貰う必要があります。
何故ならそのせいで仕事に関しても能力が低下しますし、心に負う精神的苦痛も相当なものになるからです。
例えば後遺障害 11級と認定された場合に目指すべきは裁判基準です。
保険会社が提示する金額は自賠責保険などとたいしてかわりませんから、半分以下の慰謝料などになってしまうこともあります。
11級の慰謝料は裁判基準では420万円なのに対して、自賠責保険基準は135万円ですから半分もいきませんね。

水曜日, 5月 28th, 2014 交通事故 コメントは受け付けていません。

様々な基準がある賠償

交通事故は物損事故、人身事故などがありますが、人身事故の被害に遭った場合には損害賠償も慰謝料などが発生してきます。
また後遺症などが残ると慰謝料も後遺症の等級に応じて高くなりますが、その基準が自賠責、保険会社、裁判基準というように独自の基準があります。
ですから後遺症 法律事務所に相談することが大事になってくるのです。
独自の基準でもしも保険会社が言う基準で示談をした場合、弁護士が介入した場合に遠く及ばない金額であることが多々あるのです。
裁判基準が最も高いのですが、保険会社や自賠責の基準はそのはるか下であり半分以下であることも多々あるのです。

月曜日, 4月 28th, 2014 交通事故 コメントは受け付けていません。

認められる葬儀費用

年々減少しているとはいえ交通事故での死亡事故は年間4000人を超えています。
死亡事故となった場合には当然加害者側は相応の損害賠償を支払う必要がありますが、死亡事故の場合には交通事故 葬儀費用なども損害賠償として発生してきます。
もちろん保険などで賄われますので通常は加害者本人が支払うわけではありませんが、裁判基準の場合にはおおよそ150万円程度が葬儀費用として認められています。
ただし、この場合は現実の実費を賠償として支払われますので、150万円を下回る場合には実費ということになってきます。
自賠責の基準だと60万円とされていますが、超えることが明らかな場合100万円までが限度となっています。

水曜日, 3月 26th, 2014 交通事故 コメントは受け付けていません。

交通事故で起こる障害

交通事故で頭に強い衝撃や外傷があることで脳、神経の損傷が発生することがあります。
これは脳からの命令が神経の損傷によって上手くいかないということにもなりますので、後遺症が発生することになります。
これは高次脳機能障害 交通事故でも起こり得る症状なのです。
そしれ状態によって後遺症でも様々な等級に分けられますが、中には症状が軽く、自分では変化に気が付かない場合もあるので注意が必要です。
周りも些細な変化であるために見逃してしまう可能性もあるのです。
脳に強い衝撃や外傷があった場合には、周りも些細な変化などがないか見守ることも重要ですね。

木曜日, 2月 20th, 2014 交通事故 コメントは受け付けていません。

失業している場合は逸失利益はどうなる?

交通事故の後遺症のせいで労働能力が低下した場合の損害賠償として逸失利益というものがあります。

これは後遺障害の等級にいって労働能力喪失率が決まっています。

例えば1級から3級までは喪失率が100%となりますから、まったく労働は出来ない状態というかたちです。

実際の収入などから算出しますが、逸失利益 失業している方の場合はどう計算すると思いますか?

失業しているとは言っても、ずっと就労ができなくなる年齢まで失業しているとは考えにくいですから、基本的には失業前の収入などを参考にします。

また平均賃金を参考にして算出する場合もありますが、技能、年齢などによっても変わってきます。

コメントは受け付けていません。

 

日曜日, 1月 26th, 2014 交通事故 コメントは受け付けていません。

後遺障害等級と慰謝料

交通事故で後遺症が残ったときに後遺障害等級の認定が必要になります。

後遺障害 1級などに認定された場合というのは、裁判などをしたときに得られる損害賠償は、人によって異なりますが、慰謝料だけで言えば2800万円程度になります。

もちろん損害賠償というのは慰謝料だけでなく、他にも例えば逸失利益という労働能力の喪失で支払われる賠償があります。

1級の場合は喪失率が100%とになりますので、100%働くことが出来ない状態を差します。

ですから収入に対して支払われる額も相当な金額になります。

損害賠償も何千万円となることが考えられますよね。

木曜日, 12月 19th, 2013 交通事故 コメントは受け付けていません。

怪我が発生すると慰謝料も

交通事故で被害に遭うと当然ながら損害賠償が発生します。

物損の事故の場合は壊れたものを修復するなり弁済して終了となりますが、怪我などを負ったときには治療費は当然ですが交通事故 慰謝料も発生します。

この慰謝料は怪我の度合いによっても異なってきます。

また後遺症などが残った場合には慰謝料も高くなりますが、その場合には保険会社の提示する慰謝料ではなく、裁判基準の慰謝料を獲得できるように弁護士に依頼するなども必要になってくると思います。

後遺症の慰謝料は裁判基準と比べると保険会社に基準は非常に安いものですから当然ですね。

日曜日, 11月 24th, 2013 交通事故 コメントは受け付けていません。

一人で病院へいけない場合

交通事故で怪我をした場合に病院に入院する、通院するということになりますが、入院であっても通院であっても1人では入院できない、通院できない場合というのがあります。

例えば12歳以下の子供の交通事故 通院付添や入院付添が無条件で認められています。

子供の場合は1人では難しいということがあるからですね。

その場合に付添をする人は、そのことに時間を割かなければなりませんのでそのぶんの賠償も当然発生してくることになります。

また、そのせいで仕事が休業を余儀なくされたなどがあった場合には、必要相当の休業損害が発生する場合もあります。

コメントは受け付けていません。

土曜日, 10月 26th, 2013 交通事故 コメントは受け付けていません。