認められる葬儀費用

年々減少しているとはいえ交通事故での死亡事故は年間4000人を超えています。
死亡事故となった場合には当然加害者側は相応の損害賠償を支払う必要がありますが、死亡事故の場合には交通事故 葬儀費用なども損害賠償として発生してきます。
もちろん保険などで賄われますので通常は加害者本人が支払うわけではありませんが、裁判基準の場合にはおおよそ150万円程度が葬儀費用として認められています。
ただし、この場合は現実の実費を賠償として支払われますので、150万円を下回る場合には実費ということになってきます。
自賠責の基準だと60万円とされていますが、超えることが明らかな場合100万円までが限度となっています。

水曜日, 3月 26th, 2014 交通事故 コメントは受け付けていません。

交通事故で起こる障害

交通事故で頭に強い衝撃や外傷があることで脳、神経の損傷が発生することがあります。
これは脳からの命令が神経の損傷によって上手くいかないということにもなりますので、後遺症が発生することになります。
これは高次脳機能障害 交通事故でも起こり得る症状なのです。
そしれ状態によって後遺症でも様々な等級に分けられますが、中には症状が軽く、自分では変化に気が付かない場合もあるので注意が必要です。
周りも些細な変化であるために見逃してしまう可能性もあるのです。
脳に強い衝撃や外傷があった場合には、周りも些細な変化などがないか見守ることも重要ですね。

木曜日, 2月 20th, 2014 交通事故 コメントは受け付けていません。

失業している場合は逸失利益はどうなる?

交通事故の後遺症のせいで労働能力が低下した場合の損害賠償として逸失利益というものがあります。

これは後遺障害の等級にいって労働能力喪失率が決まっています。

例えば1級から3級までは喪失率が100%となりますから、まったく労働は出来ない状態というかたちです。

実際の収入などから算出しますが、逸失利益 失業している方の場合はどう計算すると思いますか?

失業しているとは言っても、ずっと就労ができなくなる年齢まで失業しているとは考えにくいですから、基本的には失業前の収入などを参考にします。

また平均賃金を参考にして算出する場合もありますが、技能、年齢などによっても変わってきます。

コメントは受け付けていません。

 

日曜日, 1月 26th, 2014 交通事故 コメントは受け付けていません。

後遺障害等級と慰謝料

交通事故で後遺症が残ったときに後遺障害等級の認定が必要になります。

後遺障害 1級などに認定された場合というのは、裁判などをしたときに得られる損害賠償は、人によって異なりますが、慰謝料だけで言えば2800万円程度になります。

もちろん損害賠償というのは慰謝料だけでなく、他にも例えば逸失利益という労働能力の喪失で支払われる賠償があります。

1級の場合は喪失率が100%とになりますので、100%働くことが出来ない状態を差します。

ですから収入に対して支払われる額も相当な金額になります。

損害賠償も何千万円となることが考えられますよね。

木曜日, 12月 19th, 2013 交通事故 コメントは受け付けていません。

怪我が発生すると慰謝料も

交通事故で被害に遭うと当然ながら損害賠償が発生します。

物損の事故の場合は壊れたものを修復するなり弁済して終了となりますが、怪我などを負ったときには治療費は当然ですが交通事故 慰謝料も発生します。

この慰謝料は怪我の度合いによっても異なってきます。

また後遺症などが残った場合には慰謝料も高くなりますが、その場合には保険会社の提示する慰謝料ではなく、裁判基準の慰謝料を獲得できるように弁護士に依頼するなども必要になってくると思います。

後遺症の慰謝料は裁判基準と比べると保険会社に基準は非常に安いものですから当然ですね。

日曜日, 11月 24th, 2013 交通事故 コメントは受け付けていません。

一人で病院へいけない場合

交通事故で怪我をした場合に病院に入院する、通院するということになりますが、入院であっても通院であっても1人では入院できない、通院できない場合というのがあります。

例えば12歳以下の子供の交通事故 通院付添や入院付添が無条件で認められています。

子供の場合は1人では難しいということがあるからですね。

その場合に付添をする人は、そのことに時間を割かなければなりませんのでそのぶんの賠償も当然発生してくることになります。

また、そのせいで仕事が休業を余儀なくされたなどがあった場合には、必要相当の休業損害が発生する場合もあります。

コメントは受け付けていません。

土曜日, 10月 26th, 2013 交通事故 コメントは受け付けていません。

自賠責では足りない賠償

皆さんはきちんと任意保険に加入しているでしょうか。

通常の車両は義務化されていますので自賠責保険には加入していますが、自賠責保険では

交通事故で後遺症 保険では賄いきれません。

相手が裁判などに訴えた場合、後遺症の1級などに認定されると慰謝料などの裁判基準は2800万円程度です。

そしてそこに逸失利益という後遺症がなければ得られたはずの収入も加わってきます。

自賠責の限度額は後遺症で4000万円までですので、まったく足りないということになります。

1級の場合は100%の労働能力低下となりますから、収入のすべてを補償する必要があります。

そうなると相当な金額になることは想像できますよね。

土曜日, 9月 21st, 2013 交通事故 コメントは受け付けていません。

役員の損害賠償

会社には社外取締役といった、社内に在籍しているわけではないけど役員になられている方もいます。

こういった方の場合には普段はその会社にとって大きな労力を割くほどの仕事はしていない場合がほとんどです。

しかし役員報酬といったものが発生するために、その方の収入になるわけですが、そういった方が交通事故で休業損害がどのように発生するのかということですが、休業損害 役員の方の場合には実際の労働部分で入ってくるもののみ賠償の対象となります。

ですから労力がほとんどなく、役員報酬が入ってくるものなどは、労力分のみが休業損害の対象になりますので、ほとんど入ってこないということにもなります。

火曜日, 8月 27th, 2013 交通事故 コメントは受け付けていません。

損害賠償の剥離

なかなか交通事故というのは世の中から無くなりませんが、損害が発生するということはトラブルになる種でもあります。

損害に対してどちら側も納得できる賠償であればトラブルも少ないかもしれませんが、なかなかそうは行きません。

被害者側がもしも後遺障害 13級と認定された場合に、加害者側の保険会社が提示するであろう金額と、裁判を行ったときに得られる金額には大きな開きが出ます。

慰謝料でみてみると保険会社によって多少の違いはあると思いますが、57万円程度となります。

しかし、裁判基準では180万円が慰謝料の相場になりますからトラブルにならない方がおかしいくらい剥離していますよね。

日曜日, 7月 28th, 2013 交通事故 コメントは受け付けていません。

医師への相談

交通事故は突然起きますが、被害者からしてみたらほとんど落ち度が無い状態で被害に遭うわけですからかなり厳しいですよね。

それが後遺症などが残ってしまったとしたら大変なことです。

後遺症 相談を医師にきちんとすることも大事なことです。

交通事故での後遺症は、後遺障害等級認定が行われて初めて損害賠償も後遺症として扱われることになりますが、その書類は医師による作成が必要です。

そのために、自分の後遺症の状況をきちんと医師に説明することも大事になってきます。

医師だからといてあなたの体の状態をすべて分かるというわけではありませんからね。

土曜日, 6月 29th, 2013 交通事故 コメントは受け付けていません。